漫画を売るのはかなり手間!大量に本を売った時に楽な方法まとめ

f:id:asokata:20180621175152j:plain

三度の飯よりも漫画大好き私です。

物を買う時は大体丁寧に選ぶ・・・漫画の場合は安いのでテキトーですね。そして売る時もテキトー。だけど出来れば良い値段が嬉しい。また価値のないものも引き取って欲しい。

昨今メルカリやラクマという個人売買が増えて中々良い値段で売れるっていう話にもなってきてます。相場とかもネットで簡単にわかる時代です。

というわけで私の経験に基づいて、大量に売る時どこが簡単なのかおすすめできるのを紹介したいと思います。

漫画は増える一方

f:id:asokata:20180621175310j:plain

最近電子書籍ブームの荒波に飲まれて徐々に紙媒体の本は買わなくなったもののそれでもかなり多い。しかし、引越しした際にかなりの数をダンボールに詰めていった結果、場所をメッチャ取る。ダンボールに案外入らないんですよ。しかもデカイダンボールだと底抜けします(汗)そして次に引っ越す時についに不要論が勃発しました。

本一冊だとそれほどではないのですが、圧縮できるものではないので増えると本棚が埋まっていきます。たくさんになると本棚が凄く乱雑になっていきます。引越しの時はまあ酷い有様です。

よく読む本は本棚へ、読まない本はダンボールの肥やしに・・・もしかして一生読まないのでは・・・?ってことでリサイクルってなるわけです。

いざとなると、ダンボール何個は結構大変。本当は売りたくないから売らなかった結果ダンボール何個になってしまったんですけどね!

売った時のレシートが残っているのをみると1~2冊だけや4巻ぐらい、10~20巻ぐらいの本が多かったです。

メルカリやラクマ

f:id:asokata:20180621175346j:plain

真っ先に思いついた方法はメルカリです。

メルカリは個人同士なので中間マージンとでも言うべきか、それがないので結構高価で取引されます。

ゲームや服やアクセサリーなどは小さくて価値のあるものなのでメルカリがおすすめですね。

漫画は高くても1000円以下です。古本屋でも結構安いです。

ポイント1 短い巻数だと送料が高い。

送料が大体200円ぐらいです。

となると1冊にそれ以上の価値が必要で、かなり高い本でも売れる値段は400円ぐらいですよね。200円ほどの利益は出ますが うーん、手間を考えると。

それなら電子書籍か古本屋の方が利用者的にも嬉しいまであり、そもそも売れにくいらしいです。

ポイント2 全巻まとめは?あり

送料は600円~900円ほど。1冊100~300円ぐらいが相場。アニメ化や人気作品とかだと400円ぐらいまで沸騰します。

全巻まとめての場合欲しい人がいればいけます。問題はその本に知名度があるか。

アニメ放送中や連載中ならメルカリでまず間違いないでしょう。

しかし私の場合、梱包して送り出すのがとにかく大変なのが容易に想像できたし、運が悪い事に旬な本がほとんどなかったのです。完結作品はほぼアニメも終わって旬はすぎてました。古い漫画だと結構売れるまで待たなくてはいけないということは覚えておきましょう。あと量が多いと結構大変だったりもします。

相手も個人だということは自分目線でどうすれば取引したいかを頭に入れると検索する人が多い作品じゃないと厳しい。

古本屋に直接売りに行く

f:id:asokata:20180621180112j:plain

メルカリがない時代なら100%ブックオフなど古本屋ですね。100円の小説にはかなりお世話になった。完全に需要と供給で売られてるので人気作以外だと凄い安いのが特徴。ちなみに全巻だと高く売れるかはお店によって異なりますが大手は少ないです。

しかし!ブックオフやゲオなど大手中古販売会社にダンボールを持っていくのはかなり厳しいです。

これがものすごい激務な上、何時間も本屋で待たされて大したお金にならない。1日かけて頑張ったのにですよ。

ダンボールがなかったのでそれを調達するところから始まるので大量だと車に積み込むのも大変。

ネットはどうなのか・・・?

f:id:asokata:20180621180242j:plain

これが比較的おすすめです。送料もかからないし、ダンボール(貰える)に放り込んで宅配便に来てもらってあとはお金を確認するだけ。後もう一個方法があるので数が多いならどっちかがいいでしょう。

一例をあげるならネットオフとかおすすめです。ちなみにネットオフはブックオフじゃないです(汗)

リネットジャパングループっていう会社で株も一部上場している会社なので取引するには安心です。

2012年に「1年間で中古の本をインターネットでもっとも多く販売した会社」としてギネス世界記録と取ったほどネットで売りまくってる会社でもあります。

ダンボールが無くても6個までなら送ってくれるのが中々よいのと送料や手数料もかからず、お手軽でした。私は古い本ばかりだったので値段保障はなかったのですが、発売期間が近いものはかなり良いです。

あと、値段がつかないものも引き取ってくれます。これが個人的には大きかった印象です。バーコードが汚れてたりすると良くないらしい

全部めんどくさいぞ!な人・出張買取

個人的にこれが超楽です。ダンボールにすら詰めるのが面倒って人向け。昔はこれをしてました。

ネットで売るのはどうなの?って当時は思っていたのですが、上場しているくらいの会社もあるので今はネットで売ることにしてますが、当時はうーんどうなんだろって心配な時代の話です。

ブックオフとかに来てもらう!いわゆる出張買取ですね。これが一番楽です。比較的遠いところでも来てくれます。

私は休日に玄関近くに漫画を全部置いてお願いしますと頼んで、2時間ぐらいテレビを見ながら待ってたら終わってました。本のお掃除屋さんと呼んでもいいでしょう。

ちなみに出張買取だからといって安いって印象はなかったです。このくらいの値段だろうなって感じでした。

ただ・・・値段がつかないものは回収してくれません。こればっかりは仕方ない。こういう事情もありネットオフなどがおすすめではあります。

まとめ

どこが高くてどこが安いんだって話もあるんですが・・・これに関しては正直古い本(2年以上前の本)だと安い。だから、邪魔だから売りたい!って思うくらい溜まっている時はほぼ安いです。連載終了している本は特に。

メルカリって方法があるのだからそれ以外は楽なのが一番

結論としては出張買取かネット買取どっちかがおすすめです。出張の方が比較的楽だけど、値段とか色々な側面を考えるとネット買取の方が軍配があがります。

そしてこんなことを考えるのが面倒だって人。次からは電子書籍おすすめなんだ。大事な本は(主に美しい本や何度も読み直したいのは)単行本。面白そうな本はキンドルみたいな感じでバランスを取れば本棚が良い感じになります。何よりも読み直すのがメチャ楽です。

そんなオチかーい

って話ですけどFire HDは安いし、漫画を読むサイズ感としては最高だから仕方が無いのです。

最後に、最近はネット買い取りも安心ですよ(大事なことなので一応)

ではでは!