読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレヨンしんちゃん外伝 家族連れ狼は名作の予感がする。「Amazonプライムビデオ」

2016年8月3日から始まったAmazonプライムビデオクレヨンしんちゃん 外伝シリーズ。

テレビ朝日で毎週金曜日7時半に放送の一般作品と違う完全オリジナルの13話ぐらいの連作クレヨンしんちゃん。ファンにとっては嬉しいプライム会員限定のWebアニメも半年が経過して今回で3作目になったわけですけど、

今回の面白いぞ!

これまでも面白かったけど

今回いけてるぞ!

というわけで紹介しますよ。

これまでのクレヨンしんちゃん 外伝とは

Amazonのプライムビデオは動画配信サイトでこれまで多くの映画やアニメ、ドラマ、バラエティまで様々な出していますが多くはサードパーティ作品。つまり映画会社やテレビ番組を配信するサイトだったんですけど、オリジナル作品にも力を入れてきてます。ここだけで観れます!って押しで会員を増やしたいってわけですな。

このクレしん外伝もプライム会員限定作品で一本あたり8分ぐらいで3ヶ月分(13話)の連作で最終的には映画一本観てる感覚で視聴できます。

クレヨンしんちゃん 外伝 エイリアン vs. しんのすけ

“もしも、しんのすけが漂流宇宙船の中でエイリアンに遭遇したら” 「クレヨンしんちゃん」初!宇宙密室サスペンス!! コールドスリープから目覚めたしんのすけたち野原一家。

1本目はエイリアンという荒唐無稽な設定でした。しんちゃんたちがAD2116年に目覚めて、どうやら宇宙船に連れ去られている?ところからストーリーが始まります。

映画版のようなしんちゃんが変な世界に!みたいな展開でもなく、アニメ版とも違った本当にアマゾンだから出来るような作品に仕上がっていました。 

気合はいりまくった作画と予想外の展開は魅力的でしたが、今観ると面白いのでしょうけど壮大なストーリーになりそうなのに毎週8分はチョイ短い。

おもちゃウォーズ

空前の大ブームを巻き起こした特撮番組の悪役“オバーン“。オバーンフィギュアも人気を博すが、あっという間に人気は廃れ、売れ残ったフィギュアは処分されてしまう。そんなある日、捨てられたオバーンフィギュアに稲妻が落ち、命を宿す。

完全にやってくれたな!と思いましたよ。最初ヘンダーランドでも見ているかのような不安さになりました。

私は2000年前後のクレヨンしんちゃんが好きなのでこの感じは大好きです。それでもやっぱり子供向けって感じでした。最終的にはヘンダーとはかなり違う作品でした。大人も楽しめるがやっぱり子供向け・・・

そんな悲しいことを言わないでくれ!

とまあこれまでは子供が観て面白い?作品でした。

前回の作品と比べて脚本家さんがこなれ感が出てきたので、テンポがよくて続きが気になるように次に誘導してくれるようになったのはプラスポイント。

クレヨンしんちゃん外伝 家族連れ狼

www.youtube.com

野原流尻剣法の使い手、野原ひろしの助。 己が剣法を広めるため家族を連れて放浪の旅路。 人は彼のことをこう呼ぶ…「家族連れ狼」!

面白いぞーーー!

時代劇風のクレヨンしんちゃんは最高。

野原ひろしの助と尻剣法とみさえ

通常ツッコミ役に回りがちなひろしが野原ひろしの助としてボケ役になっていました。圧倒的キャラの強さそして尻剣法

尻で刀を挟んで戦うスタイル。後ろ向いてるから戦いのにどう考えても不利なんですけどギャグだからね。どれだけ真面目にしててもシュールな光景が続くのはいい。ひろしがボケる作品にはずれなどひとつもないのですよ。

それにいつもはぐうたらのみさえがちょっと違う風になっていて新鮮でした。主婦から脱したみさえがどのような行動をしていくのか気になるところです。

シリーズ構成 うえのきみこ

実はクレしん外伝シリーズは3作品全てうえのきみこさんが担当しています。

当然クレしんのアニメの脚本も担当していますが、有名な作品では映画 クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃 の脚本を担当されている方です。

こなれ感が半端ではない。1作2作3作ときてかなり成長していると表現すればよいのかテンポが格段に良くなっている。もしかしたら普段と違う作品に慣れてなかった?

確かに数分で完結させてるのに13本で1作品にするのは難しそうですよね。ここにきてグングン完成度を上げてきているのかもしれないです。

監督 三原三千夫

実はクレヨンしんちゃん 外伝 エイリアン vs. しんのすけは三原さんの初監督作品です。2作目は八鍬新之介さんが担当しています。

家族連れ狼が監督2作品目。これまで1度も監督じゃなかったからか・・・監督慣れが出てきているように感じます。(勝手な妄想ですが)2作品目になっていい感じに力が抜けて観やすくなりました。

メインがひろし・・・

と思われる。家族連れ狼というだけにひろしがメインになる作品。

2014年ロボとーちゃんというひろしのごり押しで感動させる手法を生み出した。またオトナ帝国の逆襲でもひろしの素晴らしさは多くありました。

今回は感動するかはわからないが映画版やアニメ版でひろしの魅力が展開された時はほぼ100%良作に仕上がっています。さえない万年係長とかいわれてるけど高収入、高身長、家族を愛する最高のキャラクター。

今回・・・野原ひろしの助で別人だけどね。

まとめ

とは言っても配信が始まったのは2017年2月22日。この記事時点では今日なので今後の展開がどうなっていくのかわかんないんですけどね。だから名作の予感はしてもどうなるかは未知数。

でも掴みが面白いってだけで会員としては十分得した気分になりました。

あれ・・・内容が薄いような気がする。8分しか観てないアニメの魅力を語るのは無理があった

25周年記念と題しているので次で終わりになるのかな?人気次第でシリーズが続くか決まるはずなんで大好評になって今後も続いてほしいものです。

www.asokata.com

ではでは!