読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単にできる安いインスタントコーヒーを美味しく飲む方法

f:id:asokata:20170324185809j:plain

朝に飲む優雅なコーヒー美味しいですよね。

お店で飲むドリップコーヒーの芳醇な風味と適度な酸味。専門店こだわりの高いコーヒーなら大体美味しいと言えるのですけど・・・頻繁にコーヒー店に行って飲むのは結構大変なんですよね。それならコーヒー専門豆店(カルディやキーコーヒー)などの豆でドリップ・・・簡単に出来て中々良し。

それでも結構高い!あと・・・面倒

高い豆から安い豆まで色々飲みますがやっぱりインスタントコーヒーが物凄く楽です。

コスパはもちろんのこと正直なことを言えば眠気覚ましをしたいだけのような気もします。

高級なものに慣れてくるとインスタントの味では物足りなくなるのも事実。それでも極限まで楽をして美味しく飲みたい。 色々なコーヒーメーカーの様々な商品の味を比較していき、何とかしようと思いついた方法が朝にはぴったりだったので紹介します。

何故インスタントコーヒーは本格派コーヒーに負けるのか

製法が違うからそんなの当たり前なんですけどね。明確な理由がふたつあります。

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

私がコーヒーの味や種類に興味を持った漫画です。

いわく、1つはインスタントコーヒーに使われる豆や安いファミレスなどのコーヒー豆はほとんどロブスタ種というものです。ブレンドされているとかうんぬんは置いといてその割合が高いのがロブスタ種です。

コーヒーの豆はグアテマラやコスタリカなどなど産地で分類されるのですが、ロブスタ(Robusta)の語源は英語で「強健な」です。

だから原産地がどことかはあんまり関係なかったりします。

ロブスタは育てやすいのです。ゆえに安い。だからといって美味しくないわけではないです。

他のコーヒー豆の特徴は酸味、香り、芳醇な風味で表現されますが、

ロブスタは強い苦味が特徴です。

なので過剰なロブスタ種が含まれるコーヒーは風味よりも苦味が強かったりします。

2つめはインスタントコーヒーが根本的に抽出液を乾燥させて粉末状に加工したものが多いからです。

抽出液を乾燥させているのだから香りは飛んでしまいます。

それでもコーヒー会社は限界まで美味しくしようと企業努力を重ねてます。。まずはインスタントの中でも美味しいものを紹介します。今回はインスタントコーヒーにレギュラーソリュブルコーヒーも含めておきます。

美味しいインスタントコーヒー

ネスカフェ プレジデントは、微粉砕した焙煎コーヒー豆の粒を包み込む「挽き豆包み製法」で、淹れたての豊かな香りとコーヒー本来の味わいを楽しめる「レギュラーソリュブルコーヒー」です。飲み終わった後、カップの底に見えるその粒こそが、確かな品質の証です。淹れたての豊かな香りと、みずみずしい味わい、どこまでも深いコクを楽しめます。

ネスカフェは色々なインスタントコーヒーを出していますが特に美味しいといえばこれです。現状ネスカフェの中では最強なのではないかと思っています。

厳選されたコーヒー豆を独自のT2ACMI(たくみ)焙煎技術を用いて、丁寧にロースト。豊かな香りとコクをぜひお試しください。

AGFのインスタントコーヒーはかなりクオリティが安定しています。独自焙煎技術のおかげなのかな?

マウントハーゲン

高地有機栽培のアラビカ豆100%ブレンドです。自然なカフェイン除去プロセスにより本来の深く豊かな味と香りをそのまま残しています。カフェイン残留率0.3%未満。欧米で特許を持つ天然の液体CO2と水だけでカフェインを除去する方法(いわゆる超臨界二酸化炭素抽出法)の採用により、本来の深く豊かな味と香りをそのまま残しています。新たにフェアトレード認証を取得し、デザインリニューアル。

まさに革命です。インスタントコーヒーでこのうまさを出したのはキセキとしかいいようがありません。なんとアラビカ豆を100%使うという贅沢ぶり。専門店で飲むコーヒーのほとんどはアラビカ豆です。ロブスタと違って病気に弱いので栽培が難しく高いです。

ちょっと高いですが、インスタント業界トップの美味しさ。

ではコーヒーの淹れかたについて。

メーカーの奨励する量をいれる

メーカーの奨励するインスタントコーヒーの粉量はラベルの裏に小さく書かれています。会社によって異なるため雑にいれると味が薄くなったり、濃くなったり驚くほど違います

特に私はおおさっぱなのでこれくらい入れとけばいいんじゃないか?と雑に数年入れていたのですが、重量計を使って正確にカップに対しての比例配分量を入れたら幾分か美味しくすることに成功しました。

意外にも重要ですよ!濃いと苦さしか残らないです。

コーヒーに水を入れて溶かす

f:id:asokata:20170324190010j:plain

有名なやつです。コーヒーの粉末は塊になっているタイプが多く熱湯を一気にかけると粉が溶けきらずに美味しさ損なわれます。

微粉系なら必要ないです。

ゆっくりお湯を入れるのも大切ですが軽く水で溶くとより本来のインスタントコーヒーの味に近づきます。

注ぐお湯は80度前後

f:id:asokata:20170324190121j:plain

インスタントコーヒーは元々苦味が強い成分が多いので香りや風味を楽しむためには80度前後が適度です。

と・・・80度を維持するために温度計を使うなんて野暮なことは言いません。

なぜなら面倒だからです。重量計は料理で使用するので便利品ですが、温度計を持っている一般家庭のほうが少ないような気がします。そもそもティファールなどのポットで沸かしているのだから沸騰水を80℃まで下げるのは時間的にも大変ですよね。

マグカップを二つ用意しましょう。(プラスチック製以外)

お茶も大好きな私はよく知っています。沸騰水を湯のみに入れて、その後急須に注いだ温度が80度前後です。

簡単な方法

マグカップAにお湯を注ぐ

マグカップBにお湯を移し変える。

マグカップAにインスタントコーヒー粉とマグカップBのお湯を入れます。

これで80度前後のお湯を注げます。

こぼれないように洗い場近くでやるのがおすすめです。

可能なら80度より低いほうが飲みやすいのでちょっとだけ放置するのも一つの手です。

でも!これ結構面倒ですよね。

提案するコーヒー・牛乳+砂糖

f:id:asokata:20170324190216j:plain

一般的な美味しいコーヒーの入れ方を紹介してきましたが限界を感じています。インスタントコーヒーはいくら工夫を重ねても苦味が強いです。

コーヒーに牛乳を入れてみたところ温度の上がった牛乳の香りが強すぎて牛乳好きにはたまらないですが、よくわからない味わいになりました。

一方で砂糖を入れてみたらただの甘い汁です。これが無茶苦茶不味い!ガムシロップなら若干は味が変わりますがどうにもうまくいかない。

この二つを絶妙にマッチングさせればうまくなると予感がありました。

分量

コーヒー粉 メーカー奨励量

牛乳 30ml(冷蔵庫保存)

砂糖 角砂糖2個(スプーン2杯)

お湯

コーヒー粉と砂糖を牛乳で溶きます。

程よく混ざったらお湯をゆっくり注ぎます。

コーヒーの茶色が濃ければ牛乳で調節する。

これで完成です

苦味がかなり減って牛乳とコーヒーのバランスが程よくてうまいです。粉ミルクよりまろやかでコーヒーと若干別物ですが安いインスタントでも美味しくできるのでかなりおすすめです。

あと、これ朝にぴったりなんですよ。糖質は朝とった方が頭冴えて、牛乳は栄養摂取で苦手な人でも飲みやすく+コーヒーで眠気を覚ます。簡単なのでぜひ試してみてください。

まとめ

実はマウントハーゲン紹介したかっただけ!インスタントなのにうまいです。

ではでは!